若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

今の日本の現実を見させてくれる貴重な一冊です。好き嫌いはともかく、気に入る気に入らないはともかく、20代くらいの人であればとりあえず手にとって読んでみる必要があると思います。

どうも読んでいて気が滅入るようなことばかりだったり、「じゃぁどうすりゃいいんだよ!」っとかいいたくなるだろうと思いますが、結局最後は自分次第で自分でやりたいことを考えて、それを実行していく気概のある人にとってはこんなに素晴らしい時代もないのだと最後のところで筆者は語っています。まぁノンポリで会社に言われるがままに働きたい人にとってはキビシイのかもしれませんが。

ちょうど個人的にも7年働いた会社を辞めて、転職することになったのでいい機会でした。今まで安定した環境をガラリと変えて、新しいことへチャレンジするということはそれなりの不安感も付きまとうのですが自分の信じた道を、自分の力で進んでいくということは決して間違いじゃないし、自分が満足できる人生を送るためには必要なことであったとこの本を読んで再確認出来ました。