決済インフラ入門

決済インフラ入門

決済インフラ入門

宿輪先生の最新作です。ビッットコインやフィンテックなど最新の動向を網羅した一冊となっています。確かに最近流行りのITを用いた潮流は主に決済関連をターゲットにしたものが多いために取り上げる必要がありますね。ただまだブロックチェーンなどは実証実験といった趣きが強く、実利用はまたちょっと先ですかね。でも各国金融機関始め、乗り遅れまいと力を入れているところでもあるので、あるいはあっという間に普及していくかもしれません。それ以外のフィンテックと呼ばれるリテール向けの決済方法は本当に多種多様となりました。これだけ細かにあるとこれ以上必要ないのではないかと思えてきてしまいますが、きっとこれからもいろんな技術が開発されてくるのでしょうね。個人的にはこれらの技術、興味があるもののほとんど利用したことはありません。機会もニーズもあまりないんですね。実際どのような人達が、どのような場面で利用しているのか興味あるところです。

それ以外のオーセンティックな各国決済システムは既存のアップデートというところでしょうか。なんだかカタログチックになりつつあるような気がしますが。